歯科医院で楽しくメンテナンス

子供の頃から歯が丈夫なのだけが取り柄で、虫歯も出来た事がありませんでしたので、歯科医院に行く機会が無いまま大人になりました。会社で歯科治療に通う人たちの愚痴を聞いては、「歯医者は怖い所」というイメージだけが一人歩きしていたのですが、社会人になって忙しく働いていたある日、昼食を食べた後に歯磨きをしていたら、奥歯にどうしても取れない黒い点を発見。これはもしや「虫歯」というものか!と驚き、かなりの勇気を持って歯科医院へ行きました。虫歯の無い綺麗な歯が自慢だったので、もし虫歯だったならその自信が崩れるのと、どんな治療をされるのかとビクビクしていたのですが、「ただの黒コショウですね」の一言で気が抜けました。でも、こんな事でもなければ歯科医院に行く事は無かったと思うので、良い経験をしたと思いました。それから十数年、さらなる多忙によるストレスと加齢も加わり、口臭と歯の調子が気になりだしました。歯への自信が過信になり、いつの間にか歯周病菌が我が物顔する事態に陥っていたのです。今度こそは痛い治療が待っているのかーと、恐る恐る歯科医院へ。でも先生に「素晴らしい歯ですから、きちんと菌を退治して8020を目指しましょう」と言われたのを機に、褒められる丈夫な歯を維持すべく、定期的なメンテナンスに通っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク