セラミックの歯にして後悔した事

虫歯などの治療で歯を入れ替える時は、保険の効かない歯にするのが一番安くてすむ。しかし、東京でも人気の審美歯科にはここがとても経験上、安い歯は7年位しか持たなく、悪くなったら、また治療して新たに入れ替えることになる。この時、今まで入れていた歯の穴の部分を削り取り新しく入れることになるが、歯の穴の内側がまだ削ることができる状態なら、新たに歯を入れ替える事ができる。しかし、審美歯科の歯医者を口コミすると代々木では虫歯が進行していてる状態などでは、かなり深いところまで削ることになり、深く削ると歯の穴も大きくなり、残る歯が少なくなり薄くなってしまう。薄くなると歯の強度が弱くなり、セラミックの歯を入れる事が困難になってしまう。自分の場合も、上側の糸切り歯に安い歯を入れていたが、この文京区で人気の歯医者を探すとしたら10年もしない内に取れてしまったので、次はセラミックの歯を入れようと思い歯科医院に治療行った。この時の上側の糸切り歯の状態は、前の治療で、すでに歯の穴が大きく削られており、歯が取れてから2年位放置していた為、穴の内側の状態も良くなく、歯科医からは「もうセラミックを入れるのは無理なので抜歯にします」と言われた。口コミで東京の本格的な根管治療医院なら抜歯して、問題の無い両隣の歯まで削りブリッジにするのも嫌なので、何とかセラミックにするように頼んでみた。すると歯科医は「それじゃあ何とかやったみますが、歯の内側の穴を機械で削り、削り過ぎたらもう治療はできないので、手作業で少しずつ削っていきましょう」と言われ、治療が始まり、3か月後、何とかセラミックを入れ事が出来た。歯科医からは、「絶対に強く噛んだりしないように」と念を押されたので気を付けて大事に使っていたが、6ヶ月位たった頃だろうか、入れたセラミックが動くようになり、取れそうになったので、指でつまんで引っ張ったら取れてしまった。口コミ評判が東京で歯医者を選ぶには歯の穴の内側の状態が悪く、強力な接着剤を使用しても、うまくくっつかなかったようである。セラミックの歯を入れる時は、歯の穴の内側の状態が悪くならないうちに、早目に治療に行く事をお勧めする。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク